2012年5月7日月曜日

気泡を作らない la schiuma

「繊細な模様のモールドに石けん生地を注ぐと、表面に気泡が入り込んでしまいます」
と、伺う事があります。
そこで、ちょっとした型入れのコツを紹介します。


埃、水滴、前回使用した石けん生地の洗い残しはありませんか。

石けん生地
少し緩めの状態で型入れします。

型入れ
平坦な部分を目指して生地を注ぎます。
(全面に模様を施した型の場合は、出来るだけ単純な模様の部分を目指します)


不思議の国のアリスの「白うさぎ」の型だと
矢印で指し示しているあたり


生地を注ぎ始めたら、注ぐ場所を固定したまま注ぎ続けます。



生地の重みで自然に流れるように注いでゆくと、表面に空気を巻き込まずに
きれいに仕上がります。

ね?

細かな模様のモールドへの型入れが苦手という方は、お試しください。