2019年12月13日金曜日

冬薄荷 menta inverno

冬の薄荷脳入りの石けん


オリーブオイル
ごま油
こめ油
ひまし油
ココナツオイル
パームオイル
ホホバオイル

メンソールクリスタル
ウルトラマリンブルー
竹炭

精油
コーンミント マートルモロッコ シダーウッドアトラス


1年を通じて、薄荷脳や香りの配合などを少しづつ変えながら作る定番の石けんです。
今回は500gバッチあたり、薄荷脳8gをホホバオイルに混ぜて型入れ前に配合しました。




冬に使う薄荷脳入りの石けんには、香りで少しの暖かさを添えています。


2019年11月26日火曜日

フランキンセンス Il franchincenso

アドベントの候に、フランキンセンスの石けん

乳香石けん il franchincenso

フランキンセンス浸出オリーブオイル
マカダミアナッツオイル
ココナツオイル
パームオイル
ホホバオイル

精油
ベルガモット
ジュニパーベリー
ゼラニウム
フランキンセンス


薄くたなびく煙が、すっと天に登るような印象の香り。



2019年6月24日月曜日

アーティチョークの石けん calchofi

好きな素材のひとつ、アーティチョークの石けん


きれいな緑色のアーティチョーク、ペパーミント、ローズマリーの浸出油


sapone "insalata mista"


オリーブ油(アーティチョーク、ペパーミント、ローズマリー浸出)、
アボカド油、パーム油、ココナツ油、パーム核油、シア脂

精油
ベルガモット、エレミ、ペパーミント、ローズマリー・ベルベノン、ベチバー

落ち着いた深みのある緑色をイメージした精油のブレンドです




アーティチョーク Cynara cardunculus L. 
C. van de Passe, Hortus floridus, fasicle pars altera (1614)より

アーティチョークはチンキにしてスキンケアに使うのも気に入っています。
もちろん食べるのも大好きです!


2018年10月2日火曜日

テキストについて 誤字脱字

レシピやブログ、また文章を依頼されたときに、役に立つかもしれない「テキストについて」

第1回目は誤字や脱字のチェックについてお話しします。
テキストを書き終えたら、読み直して誤字や脱字のチェックをします。
けれど、自分の書いたテキストは内容が頭に入っているためか、ざっと流し読んでしまい誤字や脱字を見逃す、ということも多いですよね。

わたしがテキストを見直すときに心がけている方法は、

1  必ず誤字、脱字があると思って読む

2 できれば間を置いて読む

3 表示を変えてみる

大きめにプリントアウトして確認する

です。


「3 表示を変えてみる」について補足を。
何度も読み返して目が慣れてしまった場合に試みています。
プリントアウトする前に、パソコンの画面上でチェックします。

普段、わたしはテキストを教科書体か明朝体のフォントを使って横書きで入力しています。
こんな風です。

(画像はクリックすると大きくなります)
以前のブログ記事から、誤字を2つ混ぜて引用しています


フォントをゴシックに変えて、縦書きで表示させます。
1行あたりの文字数も変えています。

縦書きに対応していない記号など読みにくいですが、
引っ掛かりが、結果としてじっくり読むことにも貢献するような…


あら、不思議!
別の人の文章みたいに感じます。

そうすると、見逃していた誤字や脱字も見つけやすいのです。

誤変換や、文字の前後の入れ替わり
やりがちです


普段お使いのフォントを変える、縦書き横書きを変える、と表示を変えることで、新鮮な気持ちでテキストを確認できるようになります。
お試しくださいね。



レシピ校閲者の会

料理のレシピの書き方の本です。
料理と石けん作りには共通する作業もありますし、わかりやすく人に伝えるためのテキストとは、読みやすいレシピとは、などについて参考になります。
おすすめです!


2018年9月25日火曜日

ズッカ Sapone della Zucca

パンプキンシードオイル を使った秋の石けん

Sapone della Zucca
zucca(伊) かぼちゃ


茶色の層

オリーブオイル
パンプキンシードオイル 
ココナツオイル 
パームオイル
ホホバオイル

精油
ラベンダー
シダーウッド
パチュリ


オレンジ色の層

オリーブオイル
ココナツオイル 
パームオイル
レッドパームオイル
ホホバオイル

精油
オレンジ・スイート
クローブバッド
シナモンリーフ
ローズウッド
パチュリ


2つの石けん生地のレイヤーデザイン。



香りもレイヤー


精油は両方の生地を同じブレンドにしても良かったのですが、なんとなく変えてみました。
泡立てると、それぞれの層から立ち上がる香りが混ざり合うような感覚が愉快です。

パンプキンシードオイル 、かぼちゃのパイのような香り…
ハロウィンまでの秋がほんのり楽しくなる、そして、ハロウィンが過ぎても興ざめでない、こっそりひそませた季節感がほど良い石けんです。

2018年7月7日土曜日

ヴィアラッテア la via lattea

七夕の夜に。

la via lattea

ティートゥリー 2
ハッカ 1
サイプレス1
クラリセージ 1
カモミール・ローマン 1
パチュリ 1

la via lattea(伊) 天の川

夜空に霞む光の帯をイメージしています。
夏の夜に心地よい清涼感に、少し甘いロマンティックな印象。
(それから少し笹っぽい)




星の本、野尻抱影や稲垣足穂などを読むときのお供にも良さそうです。

稲垣足穂の描写する星は不思議とおいしそうで、さりさりと口にしたなら、さぞやすてきな心地だろうと、うっとりしてしまいます。

2017年9月15日金曜日

赤色の美容オイル olio rosso

使うたび、鮮やかな赤色を頼もしく思う、紫根のインフューズドオイルを使ったフェイシャルオイル

好きなオイルに、生薬やハーブ、精油を組み合わせるだけで、その時々に使いたい美容オイルができあがります。
それぞれの効能や色、香りの組み合わせを考えるのも楽しい!



15ml ロールオンボトル 1本分

紫根浸出マカダミアナッツオイル 5ml
ホホバオイル 10ml

精油
ゼラニウム 1滴
ベルガモット 1滴
ラベンダー 1滴


気分転換に、手首などに塗って香油のように使うのもおすすめです。
淡い香りをつかの間だけ楽しみたいときにぴったり。




作りたて、紫根浸出油とホホバが2層に!


お好きなオイルの組み合わせ、配合でいろいろなアレンジをお楽しみくださいね。