2012年6月7日木曜日

植物学者の酒 THE BOTANIST

アルコール好きが高じて、スコットランドの島にまで蒸留所見学に
出かけた人からの土産物のドライジン。


THE BOTANIST
ISLAY DRY GIN
22 Native botanicals

THE BOTANIST「植物学者」という名まえです。


アイラ島のブルイックラディ蒸留所で作られたこの酒は、31種類もの
植物を使用しています。
(通常のジンは、4、5種類の植物を使うのだそうです)
9種類のジンに使われる伝統的なスパイス、ハーブに加えて、島内の植物学者
Dr. Richard and Mary Gulliverによって厳選されたアイラ島の22種類の手摘み
植物を原料にしています。


THE BOTANIST  ISLAY DRY GINに用いられる植物
*ネイティブ

アンジェリカルート Angelica archangelica
*マグワート Artemissia vulgaris
*バーチリーフ  Betula pubescens、
*ヘザーフラワー  Calluna vulgaris
*ローマンカモミール  Chamaemelum nobile
オレンジピール Citrus sinensis 
レモン・ピール  Citrus  lemon
カッシアバーク  Cinnamomum aromaticum
シナモンバーク  Cinnamomum zeylanicum
*セイヨウトゲアザミ  Cirsium arvense
コリアンダーシード  Coriandrum sativum
*ホーソンフラワー  Crataegus monogyna
*メドウスイート Filipendula ulmaria
*ホワイトクローバー  Folium repens
*レディーズベッドストロー  Galium verum
リコリスルート  Glycyrrhiza glabra
オリスルート  Iris pallida 
*ジュニパーベリー  Juniper communis
*レモンバーム  Melissa officinalis
*ウォーターミント Mentha aquatica
*ペパーミント Menta x piperita
*ボウルズミント Mentha x villosa
*スイートシスリー Mrrhis odorata
*セイヨウヤチヤナギ  Myrica gale
*エルダーフラワー  Sambucus nigra
*タンジー  Tanacetum vulgare
*ウッドセージ  Teucrium scorodonia
*タイム  Thymus vulgaris
*レッドクローバー Trifolium pratense 
*ハリエニシダ   Ulex europacus
ニガヨモギ Artemisia absinthum


大人っぽい香りのブレンドや素材の組み合わせのヒントに。
また、ジンベースのカクテルなどからも色々なアイデアが
広がりそうです。